密度汎関数法とその応用 分子・クラスタ-の電子状態

ミツドハンカンスウホウトソノオウヨウブンシ・クラスターノデンシジョウタイ
密度汎関数法とその応用 分子・クラスタ-の電子状態
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

材料の電子状態計算に関する初の実用書。物理・化学の分野で、分子設計・材料設計に役立つ手法として注目の密度汎関数法およびクラスター計算の基礎と応用を解説。

目次

  • 1 序論
  •   1.なぜ密度汎関数法か
  •   2.なぜクラスターによる電子状態計算なのか
  •   3.密度汎関数法によるクラスター計算法の歴史と展望
  •     1.分子と固体
  •     2.マフィンティンポテンシャル
  •     3.基底展開
  •     4.原子に働く力
  •     5.最近の発展
  •   4.密度汎関数法とハートリー・フォック近似
  •   5.まとめ
  • 2 密度汎関数法
  •   1.密度汎関数法の原理
  •   2.スピン密度汎関数
  •   3.交換・相関エネルギー
  •   4.汎関数形
  •     1.局所密度汎関数近似
  •     2.運動エネルギー
  •     3.交換孔モデル
  •     4.相関孔モデル
  • 3 原子の電子状態計算
  •   1.はじめに
  •   2.セルフコンシステントに決められた原子の電子状態
  •     1.xα方程式
  •     2.動径方向の波動関数
  •     3.多重項
  •   3.数値型1電子波動関数
  •   4.解析型1電子波動関数(スレーター型、ガウス型など)
  •   5.他の方法との比較
  •   6.多重項電子状態
  •   7.相対論効果
  •   8.ノルム保存擬ポテンシャル
  • 4 分子軌道の理論
  •   1.はじめに
  •   2.ハートリー・フォック・スレーター方程式
  •     1.1電子軌道
  •     2.交換・相関ポテンシャルの具体的な形
  •     3.近似解法
  •     4.軌道緩和と遷移状態法
  •   3.LCAO近似と対称化軌道
  •     1.対称性と対称化軌道
  •     2.既約表現による固有値、固有関数の分類
  •     3.対称操作の分類
  •     4.具体例
  •   4.分子軌道とブロッホ関数
  •   5.全エネルギーと力解析
  •     1.全エネルギー
  •     2.ヘルマン・ファイマン力と補正項
  •   6.有限温度における原子に働く力
  •   7.エネルギー2次微分の一般化
  •   8.化学ポテンシャルとハードネス・ソフトネス
  •   9.分子振動

製品情報

製品名 密度汎関数法とその応用 分子・クラスタ-の電子状態
著者名 著:里子 允敏 著:大西 楢平 監:菅野 暁
発売日 1994年07月14日
価格 定価:10,472円(本体9,520円)
ISBN 978-4-06-153210-6
判型 A5
ページ数 310ページ

書店在庫を見る