男と女の法律戦略

講談社現代新書
オトコトオンナノホウリツセンリャク
男と女の法律戦略
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

不倫、離婚、慰謝料、婚約詐欺… テレビが絶対に教えない「男女関係と法律」の鉄則!

孫子の兵法に「勝算なきは戦わず」とあるように、勝つ見込みがなければ戦争を始めてはいけません。俗に言う「負ける喧嘩はするな」ということです。男女間の法律問題にも、これはよく当てはまります。(中略) 敵の中には、常軌を逸するほど強靱な相手がいます。(中略)「マザコン男性とその母親」などがいい例です。彼らは深い愛情で結ばれており、一般的に、他者からの攻撃に対して非常に強く反撃します。そういう相手と戦って勝つのは容易ではないし、仮に勝ったところでこちらの消耗も大きくなります。そういう相手に対しては、戦わずに兵を引いて、こちらの資源を温存するのです。そして、将来向こうが自滅するのを待つのです。これを私は「不敗戦略」と呼んでいます。――<本書より>

屈指の経験を持つ弁護士の「戦わずして勝つ」考え方
●離婚してくれない相手との別れ方
●「不倫すると慰謝料を取られる」と思え
●「弁護士殺しの必殺技」とは?
●リスクを減らす「不敗戦略」
●「子供の親権だけは確保する」場合
●裁判官は何に弱いか
●孫子とクラウゼヴィッツの教訓

目次

  • 第1章 「男女関係と法律」に関する9の鉄則
  • 第2章 戦わないのも高等戦略
  • 第3章 守りを固めて相手を消耗させる
  • 第4章 局面を有利にする交渉の技術
  • 第5章 相手を崩す訴訟戦略

製品情報

製品名 男と女の法律戦略
著者名 著:荘司 雅彦
発売日 2004年12月19日
価格 定価 : 本体720円(税別)
ISBN 978-4-06-149768-9
通巻番号 1768
判型 新書
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社現代新書