ジャンヌ・ダルク

講談社現代新書
ジャンヌ・ダルクチョウイタンノセイジョ
ジャンヌ・ダルク
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「正統―異端」の枠組みを超えて、ヨーロッパの心性に影響してきたキリスト教のもう1つの地平「超異端」。その神秘の力を体現した女たちのエネルギー渦巻く中世に現れ、神話的存在となった処女戦士を、あらたな視点で描き出す。

超異端の地平――ジャンヌ・ダルクは、神秘家、名誉回復の聖女、処女、戦士、男装のアンドロギュノスという多くのモティーフを1人で抱えているわけだ。まさに、正統と異端とを塗り分けた教義の地平に投影される以前の、神と生の人間が出会う場所、聖なるものがひたすら過剰なるものとして渦巻く場所、救国の少女が異端者と呼ばれ、魔女が聖女になって飛び立つ場所、超異端の地平が生んだというのにふさわしい。そして、超異端の地平には時間軸がないから、ジャンヌ・ダルクは永遠にアクチュアルな挑発者として、私のファンタズムをいつまでも刺激し続ける。――本書より

目次

  • ●ジャンヌ・ダルクとはだれか
  • ●「超―異端(パラ・エレジー)」
  • ●ジャンヌ・ダルクの先駆者たち
  • ●神の「声」を聞いた少女
  • ●中世の政治と宗教
  • ●性のカオス
  • ●戦場の乙女
  • ●錬金術的なメタモルフォーゼ
  • ●ジャンヌの最期
  • ●火刑と聖性

製品情報

製品名 ジャンヌ・ダルク
著者名 著:竹下 節子
発売日 1997年01月20日
価格 定価:770円(本体700円)
ISBN 978-4-06-149337-7
通巻番号 1337
判型 新書
ページ数 216ページ
シリーズ 講談社現代新書

おすすめの本

書店在庫を見る