三くだり半と縁切寺 江戸の離婚を読みなおす

講談社現代新書
ミクダリハントエンキリデラエドノリコンヲヨミナオス
三くだり半と縁切寺 江戸の離婚を読みなおす
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

夫による一方的な「追い出し離婚」と、不法に耐えかねて駆け込む哀れな妻。江戸は女性にとって暗黒時代だったのだろうか。タテマエとホンネを使いわけた離婚の実態を解き明かしつつ、江戸女性の地位の読みかえを迫る。

目次

  • ●江戸時代は女性にとって暗黒の時代か
  •  上州の「かかあ天下」……夫を追い出す女房
  • ●三くだり半とはどのようなものか
  •  離縁状は再婚免状……なぜ三行半に書いたのか
  • ●三くだり半を読みなおす
  • ●三くだり半のタテマエとホンネ……先渡し離縁状
  • ●縁切寺へ駆け込む女たち
  •  アジールの名残……寺法離縁から内済離縁へ
  • ●縁切り駆け込みのいろいろ
  •  夫の手に負えぬ所……夫を誣告する女房
  • ●したたかに生きた江戸の女性たち
  •  女房汚れ金十二両の話……遊女通いと妾囲いに対抗する女房

製品情報

製品名 三くだり半と縁切寺 江戸の離婚を読みなおす
著者名 著:高木 侃
発売日 1992年03月17日
価格 定価:814円(本体740円)
ISBN 978-4-06-149092-5
通巻番号 1092
判型 新書
ページ数 254ページ
シリーズ 講談社現代新書

書店在庫を見る