「覚り」と「空」-インド仏教の展開

講談社現代新書
サトリトクウインドブッキョウノテンカイ
著:竹村 牧男 装丁:杉浦 康平 装丁:谷村 彰彦
「覚り」と「空」-インド仏教の展開
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ブッダの覚りとはどのようなものか? 入滅後、部派分裂の中で尖鋭化するアビダルマ哲学。勃興する大乗運動と、中観・唯識による「空」の思想。釈尊から衰亡に至るまでのインド仏教の歩みをたどる。

説法への決意――この梵天勧請の話は我々に、本当に釈尊の教えを聞こうとする覚悟はあるのか、と問いかけてくるものである。釈尊の教えは、世間的な欲望を微塵も充たすものではありえない。我々がふつうあると思い、愛着している自我を、根底から解体せずにはおかない教えでもある。それは、もしかしたら人々を害し、傷つけるかもしれない。むしろ人々の想いにさからい、精神の安定を妨げるかもしれない、そういう教えなのである。それでもあなたは聞きたいというのか、とこの話は我々に、その覚悟のほどを問いかけているものである。――本書より

目次

  • ●仏教の原点――ゴータマ・シッダッタの目覚め
  •  ブッダの覚りと十二縁起
  • ●部派仏教の展開――アビダルマの迷宮
  •  五位七十五法の世界分析
  • ●大乗仏教の出現――仏教の宗教改革
  •  大乗経典と如来蔵思想
  • ●空の論理――中観派の哲学
  •   ナーガールジュナと『中論』
  • ●唯識の体系――瑜伽行派の哲学
  •  心王・心所の現象学
  • ●その後の仏教――「空」の思想の行方
  •  大乗仏教と日本仏教

製品情報

製品名 「覚り」と「空」-インド仏教の展開
著者名 著:竹村 牧男 装丁:杉浦 康平 装丁:谷村 彰彦
発売日 1992年01月16日
価格 定価:792円(本体720円)
ISBN 978-4-06-149082-6
通巻番号 1082
判型 新書
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社現代新書

書店在庫を見る