脳はどこまでわかったか

講談社現代新書
ノウハドコマデワカッタカ
著:三上 章允 装丁:杉浦 康平 装丁:谷村 彰彦
脳はどこまでわかったか
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

人体最後の秘境。宇宙でもっとも複雑なシステム。脳研究は「こころ」の過程を考えるまでになった。概念の形成や思考は、いかになされるのか?長期記憶と短期記憶は、どうちがうのか?最先端の知見からやさしく解説する。

目次

  • ●脳をつくる素子
  • ●認識する脳
  • 単純から複雑へ──視覚の初期過程……情報の分割──数多くの視覚野……情報の統合──概念形成
  • ●脳における歴史性
  • 進化する脳……発達する脳……学習する脳……長期記憶……短期記憶
  • ●行動する脳
  • 運動のコントロール……本能による行動……複雑から単純へ
  • ●2重の階層性
  • 存在様式の階層性……情報処理の階層性……コンピュータは脳をこえられるか?

製品情報

製品名 脳はどこまでわかったか
著者名 著:三上 章允 装丁:杉浦 康平 装丁:谷村 彰彦
発売日 1991年07月16日
価格 定価:748円(本体680円)
ISBN 978-4-06-149059-8
通巻番号 1059
判型 新書
ページ数 258ページ
シリーズ 講談社現代新書

おすすめの本

書店在庫を見る