「気」の不思議

講談社現代新書
キノフシギソノゲンリュウヲサカノボル
著:池上 正治 装丁:杉浦 康平 装丁:谷村 彰彦 装画:山本 匠
「気」の不思議
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

人体に秘められた不思議な力。大自然と宇宙を動かすミラクル・パワー。不可視の生命エネルギーとしての「気」の謎を、中国五千年の歴史のなかに渉猟する。

気功師の脳波の謎――ベテランの気功師が目をとじ、安静にした状態では、α波の振幅がきわめて小さい。それは一般の人にくらべて、2分の1以下であり、いわゆる脳死にちかい状態である。しかも気功師の場合、脳波の部分をトポグラフィでみると、α波は前頭部に多くあらわれているが、一般の人は後頭部にしかない。一般の人の前頭葉にα波がでれば、それはボケの前兆を意味している。気功師はもちろん脳死状態にあるわけでもなく、ボケがはじまっているわけでもないのだが、脳波の状態でみるかぎり、一般人とは大きく異なっていることがわかる。――本書より

目次

  • ●人体の可能性を秘める「気」
  •  「気」のスーパーパワー
  • ●空前の気功ブームの到来
  •  病院に設けられた「気功科」
  • ●甲骨文字のなかの「気」
  • ●認識されはじめた「気」
  •  ツボ――「気」のポイントの発見
  • ●「気」の認識の深化
  •  経絡――「気」のシステム化
  • ●養生法としての「気」
  • ●医学理論にみる「気」
  • ●需・道・仏教の「気」とその後

製品情報

製品名 「気」の不思議
著者名 著:池上 正治 装丁:杉浦 康平 装丁:谷村 彰彦 装画:山本 匠
発売日 1991年06月17日
価格 定価:726円(本体660円)
ISBN 978-4-06-149056-7
通巻番号 1056
判型 新書
ページ数 218ページ
シリーズ 講談社現代新書

おすすめの本

書店在庫を見る