対人恐怖

講談社現代新書
タイジンキョウフ
対人恐怖
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

表情や動作が、なんとなくギクシャクする。みんなが自分を、嫌っているのではないか。「ふれあい」の場を避け、ひとりで悩んでいる人は少なくない。我執と没我の狭間でゆれる日本人の、羞恥の構造とはなにか。対人恐怖の原因と治し方を豊富な臨床例をもとに、アドバイス。

対人関係がすべてではない――社会生活において大切なのは仕事や役割であって、対人関係は二の次であるべきだ。この第1が仕事や役割、第2が対人関係という順位に、逆転がみられる場合に精神の混乱をきたすことがきわめて多いのである。社会的に、仕事一途、役割への過剰同一化が問題にされているけれども、よくみれば、やはり対人関係が第1順位にされているのである。対人関係が第1順位にされると、おのずと対人関係にふりまわされがちとなるのはいうまでもなく、その結果仕事や役割は二の次とされて社会における自己の位置づけを見失うことになる。そのためにいっそう対人関係にふりまわされてゆく……それは、対人的な至適距離の保持という問題に直結する。これまでの文脈からいえば、自他のあいだに「間」をおくという意味にもなる。――本書より

目次

  • ●誰も身におぼえのある悩み
  • ●赤面が気になり仕事ができない
  • ●犯罪人のような感じ
  • ●リンゴのように真っ赤になろう
  • ●怒ったような笑ったような顔
  • ●迫害される迫害者
  • ●対人関係がすべてではない
  • ●「ふれあい」からの退却
  • ●公衆便所で用がたせない
  • ●スサノオノミコトは境界例か?

製品情報

製品名 対人恐怖
著者名 著:内沼 幸雄
発売日 1990年01月17日
価格 定価 : 本体720円(税別)
ISBN 978-4-06-148981-3
通巻番号 981
判型 新書
ページ数 226ページ
シリーズ 講談社現代新書

おすすめの本