日本語をみがく小辞典<形容詞・副詞篇>

講談社現代新書
ニホンゴヲミガクショウジテンケイヨウシ・フクシヘン
著:森田 良行 装丁:杉浦 康平 装丁:谷村 彰彦
日本語をみがく小辞典<形容詞・副詞篇>
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「えぐい」言葉より「まろやか」な表現で、「けざやか」に語りたい。形容詞や副詞を「とりどり」に使い、「こまやか」な日本語生活を!

女房と畳の鮮度――新しいものは、それだけで価値を持つ。古代日本語にあっては「あたらし」は「惜し」で、“立派だ”“すばらしい”の意味であった。……これとは別に、「あらた」なる語があって、……これを形容詞化させた「あらたし」、これが今日の“新しい”の意味だった。さらに音韻転倒を起こして「あらたし」が「あたらし」となったのだから、芸が込んでいる。ちょうど「腹鼓(つづみ)」が「腹づつみ」と発音されたり、「さんざか」が「山茶花(さざんか)」から変じたように。――本書より

目次

  • ●性格――母性にたくす永遠の理想
  •  おっとり/がんぜない/あでやか/なまめかしい
  • ●心理――苦しまぎれの胸の内
  •  むげに/なまじ/よんどころない/よしや
  • ●姿――時代とともに国際化の波
  •  麗しい/たおやか/ろうたけた/あだな
  • ●割合――数値を拒む朧化叙法
  •  あらまし/ひとわたり/つぶさに/おしなべて
  • ●相互・異同――類似と相違の交錯の中から
  •  さながら/あつらえむき/こもごも/かたみに
  • ●神秘・運命――この世ならざるものへ想いをめぐらす

製品情報

製品名 日本語をみがく小辞典<形容詞・副詞篇>
著者名 著:森田 良行 装丁:杉浦 康平 装丁:谷村 彰彦
発売日 1989年10月17日
価格 定価:726円(本体660円)
ISBN 978-4-06-148969-1
通巻番号 969
判型 新書
ページ数 228ページ
シリーズ 講談社現代新書

書店在庫を見る