はじめてのオペラ

講談社現代新書
ハジメテノオペラ
著:堀内 修 装丁:杉浦 康平 装丁:谷村 彰彦
はじめてのオペラ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ウィーンミラノにパリ、ニューヨーク。世界中のオペラ劇場を股にかけ、魅惑のアリアにブラボーする。四夜続けて、「ニーベルンクの指環」。スペクタルなら「アイーダ」。作品、歴史から歌手、劇場まで、“いけない楽しみ”オペラの全て、こっそり、あなたに教えます。

オペラは危険だ――江戸のころには芝居見物して切腹させられた武士がいたというが、いまオペラを聴いて命にかかわることはない。誰からも責められない。それどころか、まだ成人にも達していない女の子がオペラを好んだとしても、世間は大目に見ている。これは多分、オペラがいけない楽しみであると、まだ知られていないからではないか。少なくとも、私の両親には知られていなかった。「今度外国からオペラが来るんだけど……」と頼めば、ちゃんと小遣いを引き出せた……「マリファナを手に入れるので援助を……」というわけにはいかなかった。どちらが危ないかは、いまならはっきり言える。オペラだ。――本書より

目次

  • ●オペラの作法
  • ●オペラへ行く正しい服装
  • ●アリアの魅力
  • ●カルメンは知的か?
  • ●王子はいつもテノールで歌う
  • ●プリマドンナに体重制限はない
  • ●オペラの歴史
  • ●オペラ三昧世界旅行
  • ●オペラは「演出の時代」
  • ●客も表現者だ
  • ●オペラ的食事

製品情報

製品名 はじめてのオペラ
著者名 著:堀内 修 装丁:杉浦 康平 装丁:谷村 彰彦
発売日 1989年09月14日
価格 定価:726円(本体660円)
ISBN 978-4-06-148967-7
通巻番号 967
判型 新書
ページ数 210ページ
シリーズ 講談社現代新書

書店在庫を見る