進化を忘れた動物たち

講談社現代新書
シンカヲワスレタドウブツタチ
著:今泉 忠明 装丁:杉浦 康平 装丁:谷村 彰彦
進化を忘れた動物たち
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

古代大陸生まれの原始猿や絶滅した恐龍族の血をひくドラゴン。地球に残された貴重な密林に高山に深海にひっそり生き続ける「進化の生き証人」たちをたずねる。

手抜き子育ては天下一[ツパイ]――飼育下の母親は、自分のとは別の巣で子どもを産むと、二日に一度しか授乳に訪れない。……しかも5~10分もするとサッサと帰ってしまう。掃除もしていかない。排泄物の世話をしないのだ。子どもは巣に1ヶ月もいるのだからたまらない。赤ん坊が尿と糞にまみれ、しかも飢えているのを想像すると忍びない。……子どもが巣立つまでの間に、母と子が一緒にいるのは、合計してもせいぜい1時間半である。スキンシップが霊長類の特徴の一つならば、「ツパイよ、それでもサルか」と言いたくなる。――本書より

目次

  • ●失われた世界に棲む謎の動物
  •  虹と共に現れるモケレ・ムベンベ
  • ●生きている化石たち
  •  流人の島の「人食い竜」[コモドオオトカゲ]
  •  鳥か獣か爬虫類か?[カモノハシ]
  •  パラレル・ワールドを創り上げた有袋類[ブーラミス]
  •  「ゴンドワナ大陸」の生き証人[キツネザル]
  •  サバンナに巣くう穴堀り名人[ツチブタ]
  • ●行方を絶った進化の生き証人
  •  ミロドン/タスマニアオオカミ/ステラーダイカイギュウ
  •  進化を忘れた動物「ヒト」は何処へ?

製品情報

製品名 進化を忘れた動物たち
著者名 著:今泉 忠明 装丁:杉浦 康平 装丁:谷村 彰彦
発売日 1989年08月18日
価格 定価:855円(本体777円)
ISBN 978-4-06-148961-5
通巻番号 961
判型 新書
ページ数 218ページ
シリーズ 講談社現代新書

書店在庫を見る