森田療法

講談社現代新書
モリタリョウホウ
  • 電子あり
森田療法
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

他人の視線に怯える対人恐怖症。強迫観念や不安発作、不眠など、心身の不快や適応困難に悩む人は多い。こころに潜む不安や葛藤を“異物”として排除するのではなく、「あるがまま」に受け入れ、「目的本位」の行動をとることによって、すこやかな自己実現をめざす森田療法は、神経症からの解放のみならず、日常人のメンタル・ヘルスの実践法として有益なヒントを提供する。(講談社現代新書)


「あるがまま」を受け入れる――。
がんに冒された筆者が死の直前まで語り綴ることで生まれた
不朽のロングセラー。

90年前に日本で創始された心理療法の論理と実践法を
わかりやすく解説。

たとえば、苦手な上司と面接しなければならないとき、
自分の構想をよりよく披瀝しようと考える一方で、
あの上司は苦手だからなんとかその場を繕って
逃げていしまいたいという考えも浮かぶ。

誰にでもある「逃避欲求」を「あるがまま」にして、
「自己実現欲求」を止揚していこうとするところに、
西欧の精神療法とは異なった森田療法の特殊性がある。
---------------------------------------------
学校での人間関係、会社での問題の対処の仕方、
家族・社会とのかかわり、不安と劣等感、ノイローゼ、対人恐怖……。
本書は、現実的な生活のなかで起こってくる
さまざまな心理的事象に対処するために、
森田正馬が編みだした独自の理論と実践例をわかりやすく紹介し、
心の健康を保つためのヒントを提供、非常に役立つ内容となっている。
-------------------------------------------------
【おもな内容】
はじめに――「森田療法」とは何か
1 森田療法の基礎理論
2 神経質(症)のメカニズム
3 神経質(症)の諸症状
4 神経質(症)の治し方
5 日常に生かす森田療法
おわりに――生と死を見つめて

目次

  • 「最後の自由」――追悼・岩井寛先生――松岡正剛
  • はじめに――「森田療法」とは何か
  • 1 森田療法の基礎理論
  • 「生の欲望」と人間/人間心理の発達過程/「生の欲望」の二面性
  • 2 神経質(症)のメカニズム
  • 神経質(症)者の性格/「ヒポコンドリー性基調」とは何か/「精神交互作用」について/「とらわれ」の心理/「はからい」の行動
  • 3 神経質(症)の諸症状
  • 神経質(症)とは何か/神経質(症)の類型/強迫観念(強迫神経症)/不安神経症(発作性神経症)/普通神経質
  • 4 神経質(症)の治し方
  • 入院療法と外来療法/「精神交互作用」を打破する/「とらわれ」と「はからい」からの脱却/「あるがまま」と「目的本位」/自己実現と自己陶冶
  • 5 日常に生かす森田療法
  • 成就した「あるがまま」体験/私にとっての森田療法/「あるがまま」の本質
  • おわりに――生と死を見つめて

製品情報

製品名 森田療法
著者名 著:岩井 寛
発売日 1986年08月19日
価格 定価 : 本体840円(税別)
ISBN 978-4-06-148824-3
通巻番号 824
判型 新書
ページ数 204ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:岩井 寛(イワイ ヒロシ)

1931年、東京生まれ。上智大学卒業後、早稲田大学文学部大学院で美学を学び、さらに東京慈恵会医科大学を卒業。専攻は、精神医学、精神病理学。医学博士。1986年5月、本書の刊行直前にがんのため逝去。『立場の狂いと世代の病』(春秋社)など著書多数。

オンライン書店で見る