陽はメコンに沈む

講談社文庫
ヒハメコンニシズム
著:伴野 朗 解説:青木 雨彦 装丁:亀倉 雅策 装画:谷口 茂
  • 電子あり
陽はメコンに沈む
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

1961年、ラオスの僧に変身した参議院議員・辻政信は、動乱のインドシナで消息を絶つ。死亡説・生存説が入りみだれる中で、1970年、日本人記者・結城は、辻政信の消息を知るという元パテト・ラオの通訳に会い、記事を書いた。しかし、それは結城を、得体の知れぬ勢力からつけ狙わせる端緒となった! 迫真の、男のサスペンス。江戸川乱歩賞受賞第一作。

製品情報

製品名 陽はメコンに沈む
著者名 著:伴野 朗 解説:青木 雨彦 装丁:亀倉 雅策 装画:谷口 茂
発売日 1980年10月09日
価格 定価:462円(本体420円)
ISBN 978-4-06-136182-9
判型 A6
ページ数 317ページ
シリーズ 講談社文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る