赤の組曲

講談社文庫
アカノクミキョク
著:土屋 隆夫 その他:斎藤 和雄
  • 電子あり
赤の組曲
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

学生時代の知己・坂口秋男が、千草検事の許を訪れ、妻・美世の失跡を告げた。預金30万円が引き出され、伝言板に3つのゼロが記されてあった。一方、長野県・別所温泉の旅館に、赤いネグリジェを遺して消えた挙動不審の女は、美世らしい。失跡の謎に加え、美世の周辺の人間が、殺人者の手にかかり、事件は意外な展開をみせる。

製品情報

製品名 赤の組曲
著者名 著:土屋 隆夫 その他:斎藤 和雄
発売日 1976年02月24日
価格 定価:374円(本体340円)
ISBN 978-4-06-136038-9
判型 A6
ページ数 276ページ
シリーズ 講談社文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る