卍ともえ

講談社文庫
マンジトモエ
著:野坂 昭如 装画:村上 豊
  • 電子あり
卍ともえ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

大阪・天満、油問屋の黄櫨屋(はぜや)は、人骨を使っての精油法を秘伝とし、天運来福、殷賑をきわめていた。人骨は、墓をあばいて集められたゆえ、骨にまつわる幾百、幾千の男女の怨霊は、黄櫨屋一門にとりつき、狂乱の渦に投げ込む。近親相姦、墓あばき、骨集め、惨殺など、戦慄の地獄絵図が、著者独自の幻想世界を構築する。


大坂天満の油問屋は人骨を使った精油法を秘伝として、殷賑を極めている。だが、墓を暴いて集められた骨にまといつく幾百、幾千の男女の怨念が一家を狂乱の渦に叩きこんだ……。著者初の時代長編小説。

製品情報

製品名 卍ともえ
著者名 著:野坂 昭如 装画:村上 豊
発売日 1975年03月26日
価格 定価:374円(本体340円)
ISBN 978-4-06-131277-7
判型 A6
ページ数 311ページ
シリーズ 講談社文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る