阿片戦争(下) 天涯編

講談社文庫
アヘンセンソウテンガイヘン
阿片戦争(下) 天涯編
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

勇将関天培の壮烈な死、軍機大臣王鼎の“屍諫”、官兵の軟弱に蹶起する山中の民。だが敗戦また敗戦……迫りくる植民地化への危険に慟哭の想いを噛みしめつつも、崩壊後に来る近代への確実な目覚めを感じて林則徐は野に下る。時代は変る、いや変えなければ――阿片に内憂外患の清朝末期を鮮烈に描く完結編。

製品情報

製品名 阿片戦争(下) 天涯編
著者名 著:陳 舜臣
発売日 1973年09月27日
価格 定価 : 本体876円(税別)
ISBN 978-4-06-131190-9
判型 A6
ページ数 627ページ
シリーズ 講談社文庫