女神出奔

講談社文庫
メガミシュッポン
著:曽野 綾子 装丁:原 弘 装画:藤井 瑞子
  • 電子あり
女神出奔
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

あまり人のいかないハイキング・コースの途中で病気になった楠田は、一軒の草深い古別荘に犬と住む由緒ありげな女に、一夜介抱された。その妖しい魅力にひかれ再び訪ねた楠田と、女は「お茶でものむように」交わる。一方、楠田の恋人・順子は、片貝助教授を知り、その家柄や名声に酔わされる。片貝を取り巻く女性は多い。彼は、財界に名の通った湯浅社長の娘・治子を選び、結婚式を挙げるが、新婚初夜を待たずに、治子は伊豆の別荘から恋人・昭夫と脱走する。そのとき、片貝がそこで幽霊のように見たのは、教え子の楠田に付添われて立つ古別荘の女であった。俗物への諷刺をこめて、愛と真実を追求する長編小説。

製品情報

製品名 女神出奔
著者名 著:曽野 綾子 装丁:原 弘 装画:藤井 瑞子
発売日 1975年02月10日
価格 定価:484円(本体440円)
ISBN 978-4-06-111760-0
判型 新書
ページ数 226ページ
シリーズ 講談社文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る