くもの頭領 公家武者 信平(九)

著:佐々木 裕一
定価 : 本体660円(税別)

シリーズで最も手に汗握る展開になりました。正直、自信作です
佐々木裕一

ーーー

忍びの一党「蜘蛛」の頭領を探す信平は、
敵の毒に身を蝕まれ――。
大人気時代小説シリーズ!

ーーー

日ノ本中に散った三万の忍び「蜘蛛」を束ねる頭領を探せ。
公儀にたてつき謀反の疑いのある井田家に対抗するため、
菱という名の忍びの頭領に会うべく会津に入った信平と茂木。

二人を待っていたのは京の魑魅・下御門の手下と、
刃に塗られた名も知れぬ毒だった――。

実在の傑人を描く大人気時代小説、更に白熱!

ーーー

【実在の「公家武者」松平信平】
1636年、公家としては最高の家格の鷹司家に生まれる。
15歳で江戸へ下り、徳川家光から歓迎され武士となる。
徳川家綱の計らいで紀州徳川家の娘・松姫と契りを交わし、それから松平家を称した。

©Yuichi Sasaki 2020

くもの頭領 公家武者 信平(九)

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

オンライン書店で見る