社会と精神のゆらぎから

著:野田 正彰
定価 : 本体1,600円(税別)

「若い世代に、先に逝った故人に、今、世界がどうなっているのか、伝えてみよう」

高知から札幌、そして世界へ。
精神科医にして、ノンフィクション作家の
野田正彰が振り返る戦後史。

「私と同じように老いて生き残っている方には、近況を伝える語りである。若い世代には、戦後の焼野原に育ち、四国山脈の山行で思索することを憶えた少年が、札幌での学生生活をへて専門家となり、やがて専門家を否定して唯の人になっていくとはどういうことか、ひとつの生の物語を伝えることになろう」(あとがきより)

社会と精神のゆらぎから

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

オンライン書店で見る