うちの旦那が甘ちゃんで 7

著:神楽坂 淳
定価 : 本体610円(税別)

沙耶と月也は、湯治のためにひと月の休暇をもらい、箱根に旅立つことになる。といっても関所を越えることはなく、箱根で湯治をして戻ってくるという予定の旅だった。旅の途中、程ヶ谷でひと組の男女と知り合うが、二人はなんと駆け落ちの途中だった。旗本の沢田蔵人の娘・小雪が、足袋問屋の萩尾七兵衛と駆け落ちしたのである。追手に捕まれば斬られるかもしれない、とおびえるふたりを拾って、「四人連れならバレないだろう」と合流を決める月也。ところが翌早朝、追手の小雪の兄・小次郎と許嫁の倉沢総一郎に追いつかれてしまう。月也は小雪らを逃がして追手を食い止めることにするが……。

うちの旦那が甘ちゃんで 7

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

オンライン書店で見る