きみに応援歌を 古関裕而物語

著:大野 益弘
定価 : 本体1,300円(税別)

朝ドラのモデルは
この天才作曲家!

日本が誇る偉大なる作曲家・古関裕而とは? 
NHKの連続テレビ小説「エール」の主人公の
知られざるエピソードを名曲とともに綴る!


早稲田大学の応援歌を作ったかと思えば、
慶応義塾大学の応援歌も作曲する。
阪神タイガースの『六甲おろし』を作ったあとに、
読売ジャイアンツの『闘魂こめて』を作ってしまう。
世に送り出した曲は5000曲以上。

古関裕而は、日本が誇る天才作曲家だ。
人を明るく元気にするメロディーを作り続けた
古関裕而の創作の軌跡をたどる!

きみに応援歌を 古関裕而物語

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

オンライン書店で見る