ゲゲゲの鬼太郎 ゲゲゲ ヒロインの森

編:講談社
定価 : 本体1,600円(税別)

本書は『ゲゲゲの鬼太郎』第6期に内容を絞り、懐かしいアニメではなく現在進行系の人気アニメ作品の本となります。 ヒロインは、ねこ娘に加えて、犬山まな、アニエスの3大ヒロイン、さらに各話に登場するゲストヒロインに視点を定めて検証していきます。 *例/二口女(2話、10話)呪いをかけた女子高生(7話)トイレの花子さん(10話)ずんべら、きらら(15話)夏美、ろくろ首(23話)石妖(24話)ゆうなと母(26話)アデル、カミーラ(第3クール以降)やよい(33話)アデルの母(35話)ゆき(第39話)など。

・ヒロインに視点を定めたストーリー紹介
本書では第52話までの物語を、ねこ娘、まな、アニエスほか各話に登場するゲストヒロインに視点を定めてピックアップして、検証していきます。また、ゲストヒロインが物語の主軸になる15話、23話、26話、33話、39話などにもスポットを当てます。 ベースとなるエピソードが倍の本数あることと、視点が他の女性キャラクターにも増えることで、読みがいのある記事となっています。

・キャスト、スタッフを掘り下げるインタビュー
本書は、ねこ娘役の庄司宇芽香さん、プロデューサーの永富大地さん、小川孝治監督、キャラクターデザイナーの清水空翔さんに加えて、まな役の藤井ゆきよさん、シリーズ構成の大野木寛さんに取材を行い、より女性キャラクターの掘り下げを行います。

ゲゲゲの鬼太郎 ゲゲゲ ヒロインの森

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

オンライン書店で見る