乳がんのことがよくわかる本

監:山内 英子
定価:1,430円(本体1,300円)

乳がんの治療は選択肢が多く、なかなか答えは出ないかもしれません。治療を始める前にあふれる情報をふるいにかけ、理解を深めることが大切です。本書は、難しくなりがちな内容をイラスト図解で、どの本よりも見やすく、読みやすい100 ページで構成。基礎知識から最新治療までをくわしく解説していきます。乳がんの疑いが濃厚なとき、診断直後に何を検討すればよいか、乳房を残すか、再建するかなど迷ったときに役立つ一冊です


ひと目でわかるイラスト図解
《講談社 健康ライブラリーイラスト版》

【知るべきこと、選ぶべきことはなに?】
日本では、乳がんの患者さんが増え続けています。新たに乳がんと診断される女性は、年間約9万人。「本当に乳がんかもしれない/乳がんと診断された」という事態に直面したとき、どうしたらよいでしょう。
現在は、闘病体験を綴ったブログをはじめ、学会、医療メーカーなどが発信する詳しい解説まで、インターネットでありとあらゆる情報が入手できます。けれど、断片的な情報をいくら入手しても、「自分の乳がん」と「ほかの人の乳がん」の違いは見えにくいものです。まずは乳がんについてよく知り、自分の乳がんの特徴や状況を正しく把握しておくことが大切です。
一般に「がんの解説書」は難しくなりがちですが、本書はイラストやチャートなどを多用することで、どの本よりも見やすく、読みやすい100 ページで構成。2018 年に出された新しい乳癌診療ガイドラインに沿って、基礎知識から最新治療までをくわしく解説していきます。
乳がんの疑いが濃厚なとき、あるいは診断直後になにを検討すればよいか、乳房を残すか、再建するかなど迷ったときに役立つ一冊です。

【主な内容構成】
第1章 もしかしたら……乳がん?
第2章 知るべきこと、選ぶことはなに?
第3章 どんな治療を受けるのだろう?
第4章 どうする? どうなる? 治療中・治療後の生活
第5章 「乳がん家系」のあなたにできること

乳がんのことがよくわかる本

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る