死者は眠らず

現代アメリカの人気作家26人が、章ごとに執筆して1つの犯罪小説を書きあげた!
サンフランシスコの美術館を舞台に繰り広げられる、傑作ミステリー、ここに登場!

やり手の美術館学芸員、クリストファー・トーマスが惨殺された。容疑者は妻・ローズマリー。資産家の娘で2児の母でもある彼女は、容疑を否認しながらも多くの「証拠」によって死刑になってしまう。
それから10年後。
ローズマリーを慕う篤志家の呼びかけで、追悼集会が開かれることになった。招集されたのは、いわくのある人物ばかり。
そこで解き明かされる、意外な結末とは?

原題「NO REST FOR THE DEAD」。

死者は眠らず

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。