華族誕生 名誉と体面の明治

著:浅見 雅男
定価 : 本体1,080円(税別)

明治二年に誕生し、現行憲法の発効と同時に消滅した華族制度。
そこでは誰が華族となり、「公侯伯子男」の爵位はどのように決められたのか。
また、爵位をめぐってどんな人間模様が描き出されたのか――。
豊富なエピソードをまじえて華族制度の誕生を解説し、歴史上の意義を問う。
実体が忘れられて久しい、名誉と体面の保持に拘泥した特権階級に光を当てた、華族研究の必読書。

華族誕生 名誉と体面の明治

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

オンライン書店で見る