日本中世都市の世界

著:網野 善彦
定価 : 本体1,450円(税別)

公権力の及ばない「無縁」の地で職人や芸能民などの非農業民が構築・統制した流通・金融・商業の自立的な組織。中世考古学や文献史学などを援用した多角的視点から市場原理や自治等の諸問題を実証的に探究、「無縁」論をめぐる思索の全容を描出する。都市民による交流と文化の場としての新たな中世社会像を提唱した、記念碑的論集。(解説・桜井英治)


流通や金融、商業の自立的組織を構築した非農業民の世界の形成と諸制度――
「無縁」論をめぐる網野史学の記念碑的論集

公権力の及ばない「無縁」の地で職人や芸能民などの非農業民が構築・統制した流通・金融・商業の自立的な組織。中世考古学や文献史学などを援用した多角的視点から市場原理や自治等の諸問題を実証的に探究、「無縁」論をめぐる思索の全容を描出する。都市民による交流と文化の場としての新たな中世社会像を提唱した、記念碑的論集。(解説・桜井英治)

本書の刊行後、現在にいたる五年間に、中世都市研究は目覚ましい進展をとげたといっても、決して過言ではなかろう。……このような研究の発展を通して、中世都市の実態が鮮明に浮び上ってきただけでなく、「都市とはなにか」という最も根本的な問題がさまざまな角度から問い直されるとともに、さらに視野をひろげ、「人類の歴史とともに古い」とまでいわれるほどになった商業や都市の歴史を遡り、人類社会の中での位置づけ、その役割が問題とされるにいたっている。――<「文庫版あとがき」より>

※本書の原本は、1996年1月、筑摩書房より刊行されました。本講談社学術文庫は、同書を増補改訂し、2001年1月に同社より刊行されたちくま学芸文庫を底本としています。

日本中世都市の世界

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。