精霊の乙女 ルベト ラ・アヴィアータ、東へ

著:相田 美紅 絵:釣巻 和
定価 : 本体630円(税別)

攫われた恋人を救うため、少女は一人、東を目指す。


白虎ヵ原で遊牧生活を送るテン族。その大巫女の娘・ルベトは、その日、16歳の誕生日を迎えた。テン族は16歳で成人。ルベトは、同日行われる祭りで巫女を務める予定だった。些細なことで母と喧嘩をし村を飛び出したルベト。彼女を迎えに来たのは絹糸のような金髪に金色の瞳をした青年。彼は幼い頃、ルベトの父に拾われルベトと一緒に育ってきたニグレトだった。二人は結婚の約束を交わし、村へ戻る。だが、その帰路、村が何者かに襲われていることに気づくのだった……。ホワイトハート新人賞 佳作受賞作!

精霊の乙女 ルベト ラ・アヴィアータ、東へ

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。