開け、細き一条の血路 幻獣降臨譚

著:本宮 ことは 絵:池上 紗京
定価 : 本体580円(税別)

会いたくてたまらない!激戦のなか、あらたな危機が!?ライル倒れる!その報せを聞いたアリアは、彼のもとへと駆けつけるべきか、敵軍が聖獣バシリスクを投入して今まさに激戦が始まろうとしている地へと赴くか、非情な選択を迫られる。かたやアランダム島では、暗黒教団『虚無の果て』が息を吹き返し、海戦まっただ中のシェナンには、命を狙う何者かが近づいていた。それぞれの運命は!?クライマックス突入!


会いたくてたまらない!
激戦のなか、あらたな危機が!?

ライル倒れる!その報せを聞いたアリアは、すぐに彼のもとへと駆けつけるべきか、敵軍が聖獣バシリスクを投入して今まさに激戦が始まろうとしている地へと赴くか、非情な選択を迫られることになった。かたやアランダム島では、暗黒教団『虚無の果て』が息を吹き返し、海戦まっただ中のシェナンには、命を狙う何者かが近づいていた。それぞれの運命は!?「幻獣降臨譚」シリーズ、クライマックスに突入!

【著者コメント】
いつもありがとうございます。本宮です。さて、今回もずいぶんとずいぶんなタイトルですが、それを補ってなお余りある美麗カバー!もう中身読まなくて、お部屋に飾るだけでも、お買いあげの価値はあるかとおもいますが(笑)中身は、アランダム騎士団が大変なことになっております。楽しんで戴けますと幸いです。よろしくお願いいたします。

開け、細き一条の血路 幻獣降臨譚

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。