蝶々さん(上)

著:市川 森一
定価 : 本体790円(税別)

明治初頭、長崎港外の深堀に士族の娘として生まれた蝶は、父の形見の『学問のすゝめ』を読んで育つ。かくれキリシタンの少女ユリとも仲良しになり、文明開化の夢がふくらむものの、コレラの流行で母と祖母を失って運命は一変。小学校を卒業すると同時に丸山遊郭「水月楼」の女将の養女となって長崎へ向かう。(講談社文庫)


「蝶々夫人」は実在した!
士族の娘として生まれ文明開化の夢を信じた聡明な少女。

明治初頭、長崎港外の深堀に士族の娘として生まれた蝶は、父の形見の『学問のすゝめ』を読んで育つ。かくれキリシタンの少女ユリとも仲良しになり、文明開化の夢がふくらむものの、コレラの流行で母と祖母を失って運命は一変。小学校を卒業すると同時に丸山遊郭「水月楼」の女将の養女となって長崎へ――。

やえは茜色に染まっていく西空に独り言のように語りかけた。
「……この景色ばよう憶えておきんしゃい。いつかきっと、おまえはこの坂ば上がってきて、この景色の中に入らんばでけん。こいからは、女でん将来ば持たんばでけんて田代先生に言われたね。そうたい、この景色がおうちの将来たい。どがんことがあってでん、もう一回この坂ば上がってきて、今日の異人さんたちとの約束ば果たさんばね」
――母はだれに語りかけているのだろう?
お蝶は不安に駆られて涙がでてきた。
そして、大きな西日に向かって肯いた。――<本文より>

蝶々さん(上)

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る