日月めぐる

著:諸田 玲子
定価 : 本体552円(税別)

江戸末期、駿河(するが)の小藩。その岩場からは、美しくも怪しい紺碧(こんぺき)の渦が川面(かわも)に見えた。流れゆく時と川と人。男女は渦に巻き込まれるように人生を移ろわせ、時に後悔し、時に鬱屈を抱え、あるいは平凡でも底光りするような日常を過ごし、いつしか果てていく。それもあり、これもあり。しみじみと美しい7つの物語。(講談社文庫)


吸い込まれそうに美しい紺碧の渦と、わけもなく巻き込まれた男女の行方。
悲哀も、悔恨も、鬱屈さえも、月日はめぐり、いつしか流されてゆく。

江戸末期、駿河(するが)の小藩。その岩場からは、美しくも怪しい紺碧(こんぺき)の渦が川面(かわも)に見えた。流れゆく時と川と人。男女は渦に巻き込まれるように人生を移ろわせ、時に後悔し、時に鬱屈を抱え、あるいは平凡でも底光りするような日常を過ごし、いつしか果てていく。それもあり、これもあり。しみじみと美しい7つの物語。

おようさんは、あの、渦に、巻き込まれてるんじゃねえかとふっと思ったんだ。
できるなら、つまりその、おいらに引き上げられねえかと……――<本文より>

日月めぐる

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る