白い息 物書同心居眠り紋蔵

著:佐藤 雅美
定価 : 本体648円(税別)

紋蔵が深川の元締め殺しの背後にある事情に心痛めていた折り、例繰方での経験を生かして、将軍の御前で裁きを披露する「吹上上聴」で扱う事件に、先例がないことを確かめてくれと頼まれた。が、先例を知っていた紋蔵は苦慮の末に逆転の手を閃いて……。定廻りに任じられた紋蔵の葛藤を描いた好評短編連作。「物書同心居眠り紋蔵シリーズ」第7弾。(講談社文庫)


ご存じ「居眠り紋蔵」シリーズ、最新刊! 晴れて南の定廻り同心へと昇進した藤木紋蔵。座業の「例繰方」へは戻りたくないが、培った経験・知識は何者にも代え難く、しきりに頼られる。やはり天職なのか?

白い息 物書同心居眠り紋蔵

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

オンライン書店で見る