分冊文庫版 陰摩羅鬼の瑕(中)

著:京極 夏彦
定価 : 本体676円(税別)

人は皆、死と直面していますよ――と中禅寺は云った。
「ただ忘れているだけだ」

由良由良由良。頭から離れない。あの青白い顔が。あの硝子玉の目玉の鳥の死骸の群れが――。伯爵家での事件を解明できぬまま、警察を辞めた伊庭銀四郎。再び疼きだした心の傷を癒すため、伊庭は京極堂に赴く。一方、「鳥の城」では関口が花嫁・薫子を護っていた。だが、僅かな時間、薫子は一人になった――。

分冊文庫版 陰摩羅鬼の瑕(中)

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

オンライン書店で見る