分冊文庫版 塗仏の宴 宴の始末(中)

著:京極 夏彦
定価 : 本体629円(税別)

藍童子はそうですか――と云った後、「くれぐれも軽挙妄動はお慎みくださいますよう、中野のお方にお伝えください――」と――そう結んだ。

「真逆(まさか)ゲームが続いていた訳じゃないだろうな――」。中禅寺は電話口でそう云ったという。戸惑う記者・鳥口。眩暈坂(めまいざか)を次々に上ってくる男たちの口から複雑怪奇な出来事が語られ、古本屋の座敷で収斂していく。揆を一にして伊豆では「成仙道」と「みちの教え修身会」が鹿砦(バリケード)を挟んで対峙。村中は鳴動した。

分冊文庫版 塗仏の宴 宴の始末(中)

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

オンライン書店で見る