分冊文庫版 塗仏の宴 宴の支度(中)

著:京極 夏彦
定価 : 本体629円(税別)

尾国は訪問を重ねて機会を狙っていたんです。
勿論貴女を嵌(は)める機会です。

「私はいつだって、何も解っちゃいなかったのだ――」。元編集者・加藤麻美子を悲嘆の淵へ突き落とした修養団体「みちの教え修身会」と“謎の薬売り”尾国誠一の暗躍に関口は呟く。一方で古武術の一派「韓流気道会」に襲撃された中禅寺敦子に「私は先のことが判るのです」と告げた女あり。その名は華仙姑処女(かせんこおとめ)。

分冊文庫版 塗仏の宴 宴の支度(中)

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

オンライン書店で見る