不動産投資「やっていい人、悪い人」──年収200万円時代に備える

著:長嶋 修
定価:922円(本体838円)

「ボロ物件」でも高利回りは確保できる!

「持ち家派」より「一生賃貸派」が急増!

新しいタイプの「大家さん」でカネを稼ぐ!

知識ゼロで始める「副業投資」実践入門!


 ・職場の隣席に隠れた資産家が!?
 ・年収200万円時代がやってきた
 ・人生を会社に左右されないために
 ・人生のランニングコストを確保
 ・アジアの個人投資家が狙う日本
 ・年収デフレが招く投資のチャンス
 ・個人投資家の8割が「買い時」
 ・婚活と不動産投資は似ている!?
 ・物件価値を高める「管理のプロ」


【目次】
 序章   成功する不動産投資家になれる人、なれない人
 第一章  平均年収200万円時代を生き残る
 第二章  不動産投資は本当に儲かるのか?
 第三章  「空室率13パーセント」のリスクとチャンス
 第四章  多様化したニーズに応える物件が足りない!
 第五章  成功を手にするマネーマネジメント
 第六章  幸運を呼ぶ「極上物件」の見抜き方
 第七章  富を生み出す管理、吐き出す管理 

【著者】
ながしま おさむ
不動産投資家倶楽部「EXCEED-X」主宰
不動産コンサルタント
1999年、業界初の個人向け不動産コンサルティング会社
「不動産調査 さくら事務所(現:株式会社さくら事務所)」を設立

不動産投資「やっていい人、悪い人」──年収200万円時代に備える

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る