あなたの「言い分」はなぜ通らないか

著:中島 孝志
定価 : 本体800円(税別)

自分の「言い分」を通すことは本当にむずかしい。「言い分」は国家レベルから、はては小さな子どもにいたるまで、みんながみんな持っている。しかも困ったことに、そのだれもが、「自分が正しい」と思っている。世界では「言い分」が通るほうが奇跡、通らないほうが当たり前なのだ。ゆえに「言い分」をとおすためには技術が必要なのであるが、そのことに自覚的である人はあまりに少ない。しかし、これはチャンスでもあるのだ。


独りよがりな「正しさ」に酔う困った隣人たち!
詭弁・強弁・屁理屈を打ち負かす具体的方法
一生懸命話しても通じないのはワケがある。誠実・正直の呪縛を抜け出す「悪の表現術」

自分の「言い分」を通すことは本当にむずかしい。直接やりとりしても、正確に伝わることは少ない。まして、間にほんの少しでも人を置いたりしたら、「伝わらない」だけならまだしも、誤解や錯覚で人間関係がぎくしゃくしてしまうほうが圧倒的に多い。「言い分」は国家レベルから、はては小さな子どもにいたるまで、みんながみんな持っている。しかも困ったことに、そのだれもが、「自分が正しい」と思っている。だからこそ、些細なことから対立や摩擦が生まれるのである。だからといって、自分の言い分ばかりを通せるわけでもない。世界では「言い分」が通るほうが奇跡、通らないほうが当たり前なのだ。

●会話のTPO、空気を読む技術
●「見えない距離」を埋める技法
●人は「不意打ち」に本音を漏らす
●体験談こそ、ウケる話材の宝庫
●できる人は「切り返し」がすごい
●売れっ子弁護士の「幻の交渉術」
●会話は「順序」が大事
●「9割の負け」と「1割の勝ち」
●評価を上げる「弁解」の技術
●ナンバーワンは聞いて聞いて聞く

あなたの「言い分」はなぜ通らないか

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る