在日 ふたつの「祖国」への思い

著:姜 尚中
定価 : 本体800円(税別)

最も近く遠い隣国!相互理解の入門書!
日朝の歴史100年 孤独な時の扉を恋郷者が開く!!
占領と分断、背き合い生きた列島と半島の人々の恩讐の声を掬(すく)い希望を紡ぐ情と理とは!?

朝鮮半島の100年は、余りにも悲惨な出来事の連続だった。そして東北アジアは、憎しみと対立、侮蔑と反発に覆われ、幾重にも引き裂かれてきた地域である。この地域には、慟哭と痛恨の歴史が刻み込まれているのである。再び、それを繰り返してはならない。(中略)朝鮮半島と日本というふたつの「祖国」がその偏狭なナショナリズムの殻を打ち破り、地域により開かれた姿に変わっていくためには、ふたつの「祖国」は南北統一への長い道のりを共に歩んでいく同伴者にならなければならないのである。その曲折に満ちた道程を共に歩きながら、過去を虚心に振り返り、打ち捨てられた歴史の犠牲者に温かい眼差しを向ける時が訪れるに違いない。そのためにも、朝鮮半島と日本は共に変わっていかなければならないのだ。

●亡国の民、保護条約締結100年
●「大東亜戦争」が残した遺産
●朝鮮戦争、憎しみの「殺し合い」
●「殺し合い」の年に生まれて
●日韓条約、遠い接近から40年
●北朝鮮の国際的な孤立化
●日朝平壌宣言の問題とその克服
●韓国の太陽政策と民主的革命
●拉致問題解決のシナリオ
●南北統一への「長い道のり」

在日 ふたつの「祖国」への思い

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス