隼小僧異聞 物書同心居眠り紋蔵

著:佐藤 雅美
定価 : 本体700円(税別)

砂糖問屋橘屋から十両が消えた。奉公人の持ち物改めの末、手代の文吉が疑われて店を追われた。おりから市中を騒がせていた盗賊、“隼小僧”が捕まり、橘屋の件もその仕業と判明したのだが、紋蔵には合点がいかないものがある。表題作「隼小僧異聞」を始め8編を収録する、「物書同心居眠り紋蔵シリーズ」第2弾! (講談社文庫)


人生の哀歓をつづる“窓ぎわ同心”捕物帳!不慮の死をとげた父に替り南御番所に配属された藤木紋蔵は所かまわず居眠りする奇病の持ち主。内勤の例繰方に移ったものの次から次へ事件に巻きこまれるのだが。

隼小僧異聞 物書同心居眠り紋蔵

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

オンライン書店で見る