大江戸生活事情

著:石川 英輔
定価:671円(本体610円)

百万都市・江戸は、同時代の欧米の都市と比べ本当に遅れていたのだろうか!? 銀座・両替商などによる貨幣経済、奉行所などの行政組織、教育制度、江戸っ子の暮らし、職人たちの仕事ぶり、歌舞伎などの文化・芸術……、江戸のすべてを綿密なデータで分析する「大江戸事情モノ」第3弾。現代と比較できる地図も必見! (講談社文庫)


江戸の真の姿を今あざやかに甦えらせた名作江戸時代は一揆と飢饉にあけくれた切り捨て御免の暗い封建社会だったのか。豊富な資料を駆使し、東京を生み出した江戸のゆたかな実像にスポットをあてた意欲作。

大江戸生活事情

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る