関節リウマチのことがよくわかる本

監:山中 寿
定価 : 本体1,400円(税別)

関節リウマチは関節の痛みや変形、破壊を起こす病気です。薬物療法が進展し、よい状態を長く保てるようになってきましたが、一方で、治療は長期に及ぶため、薬の身体的な影響や生活面での不安を感じている人も少なくありません。本書は、関節リウマチの正体から、診断までの流れと検査方法、新しい薬物療法までをわかりやすくイラスト図解。快適な生活のために日常生活でできる工夫の数々やリハビリも紹介します。


ひと目でわかるイラスト図解
《講談社 健康ライブラリーイラスト版》

【進行を止める治療法はある!】
30 ~ 50 代の女性が発症しやすい関節リウマチ。関節の痛みや変形、破壊を起こす病気として知られていますが、薬物療法の進展により、よい状態を長く保てるようになってきています。しかし一方で、治療は長期に及ぶため、薬物療法による身体的な影響や、生活面での不安を感じている患者さんも少なくありません。
本書では、関節リウマチの正体から診断までの流れと検査方法、新しい薬物療法までをわかりやすく解説します。さらに患者さんが快適な生活を送れるように日常生活でできる工夫の数々やリハビリも紹介。リウマチを疑っている人、診断がついた人、すでに治療を始めている人も、これからの長い経過を見通し、そのときどきで活用できる一冊となるでしょう。

*本書で紹介するデータの多くは、世界が注目する大規模患者調査IORRA(イオラ)に基づくもの。IORRA調査では寛解を達成できた患者さんは50%を超えている。

【本書の内容構成】
第1章 リウマチ?それとも別の病気? 
第2章  知っておきたい関節リウマチのこと
第3章 薬と手術で関節リウマチを治す
第4章  リハビリテーションで動ける体を保つ
第5章 よい状態を長持ちさせる暮らしの工夫

【主なポイント】
*関節リウマチは免疫の異常が原因で起こる病気
*始まりは、関節の痛みや腫れ、こわばりから
*リウマチか、別の病気か? 他の病気との違いは痛い関節が腫れているかどうか
*血液検査だけでは断定できない。診断までの流れと検査方法
*より早くみつけるために受けておきたい関節エコー検査
*昔とは大違い。進行は薬物療法で止められることが多い
*第一選択薬、抗リウマチ薬メトトレキサートが効くしくみ
*新しい特効薬、生物学的製剤のメリット・デメリット
*薬で消えない痛み、変形は手術で治す

関節リウマチのことがよくわかる本

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る