鳴釜奇談

著:椹野 道流 絵:あかま 日砂紀
定価 : 本体600円(税別)

「これは……」天本の喉から、掠(かす)れた声が漏れる。手渡された紙片に淡い水墨で描かれていたもの――それは「十牛図(じゅうぎゅうず)」の第ニ図だった。真の理(ことわり)を求める人の姿を寓した、10枚の絵のうちの、第ニ。しかし天本にとっては、その図は違った。見れば厭でも、忌まわしい記憶が甦る。思い起こされてくる男の顔がある……。大人気ネオ・オカルト・ノベルス、新展開!


これが私の望み――せめてもの償い。
死んだ老人は、奇妙に静かな表情を浮かべていた。謎を解きに赴く天本を待ちうける、狡猾な罠とは?

「これは……」天本の喉から、掠(かす)れた声が漏れる。手渡された紙片に淡い水墨で描かれていたもの――それは「十牛図(じゅうぎゅうず)」の第ニ図だった。真の理(ことわり)を求める人の姿を寓した、10枚の絵のうちの、第ニ。しかし天本にとっては、その図は違った。見れば厭でも、忌まわしい記憶が甦る。思い起こされてくる男の顔がある……。大人気ネオ・オカルト・ノベルス、新展開!

鳴釜奇談

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。