日銀はいつからスーパーマンになったのか

著:北野 一
定価 : 本体1,400円(税別)

経済政策の現場にも見られる超人待望論。アベノミクスも、「悪いのは日銀だ」と、必殺技「三本の矢」を繰り出す。しかし、権力者にそういう力はあるのか。熟柿が勝手に落ちたのを、あたかも「自分が木をゆすったからだ」と言う人間の言葉をそのまま伝えると、いずれ「落ちた柿の実を枝につけろ」と、無理を期待するようになる。大衆が生む「政府日銀超人伝説」の正体と、日本が真の意味で浮上するために必要なことは何か。


水戸黄門でもスーパーマンでも、普段は冴えない一般人が超人に変身し、悪者を退治する。「アベノミクス」というのは、まさにこれにハマった格好だ。「悪いのは日銀だ」とわかりやすく敵を見つけ出す。必殺技は「三本の矢」。
経済政策の現場でもこうした「超人バイアス」が認められる。しかし、権力者にそういう力はあるのだろうか。熟柿が勝手に落ちたのを、あたかも「自分が木をゆすったからだ」と言う人間の言葉をそのまま伝える必要はない。それを、「すごいですねー」と持ち上げてばかりいると、今度は、私たちが「落ちた柿の実を枝につけろ」と、無理を期待するようになる。 世界経済の流れを見ることなしに日本だけを見ているなら、「株高も円安もアベノミクスのおかげ」という話になってしまう。
絶望した大衆が生む「政府日銀超人伝説」の正体と、日本が真の意味で浮上するために必要なことは何か、日本を代表するトップストラテジストが説く!

日銀はいつからスーパーマンになったのか

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

オンライン書店で見る