義仲これにあり

著:吉川 永青
定価 : 本体1,600円(税別)

平家を討ち破りし先兵となるも、京洛を追われた悪逆の徒、木曾冠者・源義仲--。勝者の歴史に刻まれた彼の姿は、はたして正しいものなのか? 父を身内に殺され、孤独の身で木曾に追いやられた不肖の”源氏の子”。己の血に抗い、立ち向かい、新しい国のありようを求めて戦い抜く男は、やがて天下に手をかける。人の幸せとは何か? 義仲が胸に抱きつづけたテーマを軸に、誰もみたことのない「源平合戦」の幕が上がる!


平家を討ち破りし朝日とならん! この男、英雄か、奸雄か、悪党か--。

平家討伐の先兵となるも、京洛で狼藉を働き、都を追われた悪逆の徒、木曾冠者・源義仲--。勝者の歴史に刻まれた彼の姿は、はたして正しいものなのか?
父を身内に殺され、孤独の身で遠き木曾に追いやられた不肖の”源氏の子”。己の血に抗い、立ち向かい、新しい国のありようを求めて戦い抜く男は、やがて天下に手をかける。人の幸せとは何か? 義仲が胸に抱きつづけたテーマを軸に、誰もみたことのない「源平合戦」の幕が上がる!
『戯史三國志 我が槍は覇道の翼』で第33回吉川英治文学新人賞候補となった注目の俊英による、渾身の書き下ろし時代長編。

義仲これにあり

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。