宇宙って面白いの?

著:岩崎 夏海 著:星出 彰彦
定価 : 本体1,500円(税別)

7月15日から星出彰彦氏、長期宇宙滞在へ!

本書は、中学・高校の同級生である作家と宇宙飛行士の対話を通じて、「宇宙」の魅力を改めて問い直すものです。

作家である岩崎氏は現代日本人の感性を代表して、「私たちにとって、本当に『宇宙』は必要なのか? 多くの日本人の大人は、『はやぶさ』の浪花節的な物語には共鳴しても、本当は宇宙にまったく興味を持っていない。夜空もたまにしか見上げない。現状では、みんな口に出して『宇宙は別にいいよ』みたいには言えない雰囲気になっている」という疑念を表明します。

それに対し、現役宇宙飛行士の星出氏は「なぜ自分が宇宙を志したか」「宇宙をどんなフロンティアとして考えているか」を語ります。そして、チームの一員として「宇宙に携わる仕事の魅力」を示します。

そこで「もしドラ」の著者でもある岩崎氏は、「仕事をするチーム」としてのJAXAの取材に着手。JAXAのトップから裏方、名物職員に「宇宙の魅力」「宇宙をどうマネジメントするのか」尋ねていきます。

JAXAの人々の面白さにけっこう驚いてしまった岩崎氏は、再度星出氏と母校・茗渓学園で対面。4ヵ月半の長期宇宙ステーション滞在を目前にした星出氏と、より突っ込んだ形で「宇宙に人間が行くこと」について語り合い、一般人に伝わる「宇宙に興味を持つこと」の本質を考えていきます。

宇宙って面白いの?

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス