TAJOMARU

著:浅野 智哉 その他:市川 森一 その他:水島 力也 原作:芥川 龍之介
定価 : 本体950円(税別)

原作、芥川龍之介の『藪の中』をもとに、
登場人物のひとり、多襄丸を主役に据えた完全オリジナルストーリー、『TAJOMARU』

時は室町末期──。
戦乱の世は、管領畠山家の次男・直光と、その許嫁・阿古姫の運命を弄ぼうとしていた。
「大納言家の長女、阿古と結婚したものが、畠山の家督を継げ」という、将軍・義政の命に驚き戸惑う名門畠山の家中。直光は、たった一人の女のため、すべてを投げ打つ決意を固める。

血肉を分けた兄、弟のようにかわいがってきた家臣、心の底から愛した女……。
誰よりも信じていた者たちのまさかの裏切りによって一変した人生。
何不自由ない家柄に生まれながら、大盗賊「多襄丸」を名乗ることになった直光。
しかし、何もかも失くした絶望の淵にあってなお、思いもよらぬところに見つけた友情の絆。

信頼と不信がすっかり逆転したかに見えたそのとき、再びそのすべてが揺らぎ始める。多襄丸に起こった出来事のひとつひとつに裏があり、裏から見れば同じひとつの出来事がまったく違って見えてくる……。
どんでん返しに次ぐどんでん返し。ひっくり返る信頼と裏切り。見えない真実に翻弄される多襄丸が、最後にたどり着く場所とは?

TAJOMARU

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る