神なるオオカミ 下

著:姜 戎 訳:唐 亜明 訳:関野 喜久子
定価 : 本体1,900円(税別)

オオカミの子・小狼(シャオラン)を飼いはじめた陳陣(チェンジェン)だったが、オオカミの気高さと闘争本能を失わない小狼に手を焼く毎日。それでも、オオカミについての新たな発見の連続に陳陣は喜び、この「小さな獣」とのあいだに、心の交流が芽生えはじめるのを感じるのだった。一方、草原には、近代化と農耕文化の波が押しよせ、伝統的な遊牧民の暮らしは崩れだし、その精神も、次第に輝きを失いはじめる……。


オオカミの知恵と不屈の精神が、人類の未来を切りひらく!
世界各国で翻訳出版。ワールドワイドに輝く中国文芸の金字塔!
文化大革命時、内モンゴルに下放された経験を持つ著者が描く自伝的フィクション!

「神なる狼の前には、生命の根元である草原。リーダーは運命の様にかならず現れ、当然の秩序は生まれる。手に汗を握るのは、生命の勇猛さと広大な草原と空を思うからである。」――佐野洋子

オオカミの子・小狼(シャオラン)を飼いはじめた陳陣(チェンジェン)だったが、オオカミの気高さと闘争本能を失わない小狼に手を焼く毎日。それでも、オオカミについての新たな発見の連続に陳陣は喜び、この「小さな獣」とのあいだに、心の交流が芽生えはじめるのを感じるのだった。一方、草原には、近代化と農耕文化の波が押しよせ、伝統的な遊牧民の暮らしは崩れだし、その精神も、次第に輝きを失いはじめる……。

神なるオオカミ 下

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。