新・平家物語(三)

著:吉川 英治
定価:850円(本体773円)

平治の乱の実際の戦闘は、わずか半日だった。だが、この半日を境に源平の明暗は大きく分れる。源氏一門の棟梁義朝は、都を落ちてゆく途中で非業の最期を遂げ、その子義平、頼朝は勿論、常盤(ときわ)に抱かれた乳のみ児の牛若まで、業苦の十字架を背負って生きる。一方、宿敵の源氏を軍馬で蹂躙(じゅうりん)した清盛は、もはや公卿の頤使(いし)には甘んじていなかった。平家全盛の鐘は、高らかに鳴りはじめている――。


平治の乱を境に、源平の明暗は大きく分れる源氏の白旗は泥にまみれ、義朝は都を落ちてゆく。その子義平、頼朝は勿論、常盤御前に抱かれた乳のみ児の牛若まで、業苦の十字架を背負う。世は平家全盛に――。

新・平家物語(三)

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る