小説農産物輸入

著:有川 靖夫 解説:江波戸 哲夫 装丁:亀海 昌次
定価 : 400円(税込)

議員秘書・片山道朗のもとに、地元の支持者から重大な情報が入った。小豆輸入に絡んで独占商社が暴利を貪っている――と。片山は持前の行動力で取材を開始した。驚いたことに監督すべき立場の通産省、農水省の官僚たちが、天下り先にトンネル法人を作って巨額の資金を吸い上げていたのだ。悪魔の妨害工作と対決する、息づまる政経アクション! 官僚たちの聖域のもの凄い実態、穀物貴族たちの暗躍で輸入差益は暗渠へと流れていく!


これでは輸入しても米価は下らないわけだ.議員秘書片山に密告電話が入った.安価な海外小豆を国内価格で販売する,その莫大な差額は農家保護のためと称して一部商社と天下り高級官僚が私物化している?!

小説農産物輸入

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。