犬とわたし

電子書籍

おひとりさま、犬をかう折原みと

「一昨日、1月6日、17時40分に、リキが天国に旅立ちました」。折原みとさんが自身のブログにアップしたのは、2011年1月のこと。その後、この愛犬リキについて書いたのが本書です。しかし“お涙ちょうだいもの”ではありません。犬を飼いたいと思った幼い頃の話から、リキを飼うための身辺整理、躾や、格闘しながらの暮らしと別れ……。実用書としても使える、笑いと涙と愛に溢れた一冊です。

  • お役立ち
  • かわいい
  • 愛おしい
  • 感動する
  • 考えさせられる
  • 楽しい
  • 試し読み
  • 購入する

わたしと子犬の時間ふなこしゆり

いつもわが家にいた、猫や犬たち。ペットというより、親にも兄弟にも、辛いことや悔しいことを素直に打ち明けられる(?)「家族」だったような気がする。そんな家族同然の子犬が病気になったら……。著者のとことんな包み込む愛に包まれた、フレンチブルドッグの子犬の闘病記。だれしもが持っている、強い「愛」と「共生」の写真日記の誕生でした。

  • ◆ ISBN:978-4-06-212691-5
  • ◆ 判型/ページ数:B20取/84ページ
  • 公式サイト
  • お役立ち
  • かわいい
  • 愛おしい
  • 試し読み
  • 購入する
電子書籍

スピンク日記町田康

私はスピンクといいます。プードルです。小説家の主人・ポチや美徴さん、キューティー・セバスチャンやたくさんの猫たちと一緒に暮らしています。「犯人だー」と叫んで一緒に駆け回り、安物買いの暖房器具で寒い思いをし、ときに「文学の鬼になる」と言い出す主人と私たちの楽しい毎日について申し上げます。
仲良しの犬だけが知る作家の日常を描いた一冊です。

  • かわいい
  • 愛おしい
  • 楽しい
  • 試し読み
  • 購入する

犬の絵本

ねえ、マリモ文:やまだけいた/絵:さかざきちはる

「あなたはわたしよりあとに生まれたのに どうしてわたしより先にとしをとるの」……これは、動物を飼ったことがある人ならば、必ず経験したことがある、決して避けることのできない悲しくも深い問いです。大切なものを亡くしたことがある人にとっては涙なくしては読めない本でしょう。でも、いっしょに過ごした時間がかけがえのない時間であったことも確かに感じさせてくれる一冊です。

  • かわいい
  • 愛おしい
  • 感動する
  • 悲しい
  • 読み聞かせ
  • 試し読み
  • 購入する

いとしの犬 ハチいもとようこ

タイトルどおりに愛らしいハチの表情がいっぱいの『いとしの犬ハチ』。作者のいもとようこさんは、この絵本ができあがる23年ほど前に、秋田県大館のハチ公記念館を訪れて「いつか、ハチの絵本を創りたい」と願っていたそうです。長い思いのこもったいもとさんの描くハチ。愛嬌たっぷりの子犬時代、成犬となってキリリと先生を待つ頼もしい姿など、犬が大好きな人に、ぜひ見ていただきたいです。

  • かわいい
  • 感動する
  • 悲しい
  • 読み聞かせ
  • 試し読み
  • 購入する

働く犬

はたらく地雷探知犬大塚敦子

地雷探知犬に適しているのはマリノア(ベルジアン・シェパード)です。毛が長く、あまり暑さに強くないジャーマン・シェパードより、短毛でスタミナのあるマリノアのほうが、長い時間集中してはたらくことができる。もうひとつ肝心な点は、マリノアは匂いを嗅いでものを探すのが大好きな犬種ということ。彼らにとって地雷を探すのは楽しいゲームのようなものなのです。

  • かわいい
  • 考えさせられる
  • 試し読み
  • 購入する

災害救助犬レイラ井上こみち

11月1日はワンワンワンで犬の日ですが、災害救助犬レイラは吠えません。広域捜索(エアセンティング)の訓練を受けているレイラは、人の二千倍から一億倍まで感知できるともいわれている嗅覚で、行方不明になった人を捜しあてると、指導手のところに走って知らせにいくのです。ぜひ、職業犬のことを知ってください。そして、家庭犬も身近な人を助けられるように訓練してみませんか?

  • ◆ ISBN:978-4-06-217508-1
  • ◆ 判型/ページ数:四六/160ページ
  • ◆シリーズ:世の中への扉
  • 愛おしい
  • 感動する
  • 悲しい
  • 考えさせられる
  • 試し読み
  • 購入する

ハッピー!ハッピー♪波間信子

絶対泣ける盲導犬物語――。 事故で失明した香織は、盲導犬・ハッピーとともに力強く生きてきた。時は経ち、ハッピーは盲導犬を引退。香織とリタイア犬のハッピー、そして全盲の少女・桜子の、感動の物語が今始まる。盲導犬との日常や訓練風景、リタイア後の生活など、盲導犬をめぐるすべてがここに! ※香織と盲導犬ハッピーの出会いから読みたい方は、『ハッピー!』全33巻もどうぞ。

  • かわいい
  • 愛おしい
  • 感動する
  • 考えさせられる
  • 楽しい
  • コミック
  • 試し読み
  • 購入する

盲導犬サーブ手島悠介

交通事故から主人をかばうために怪我を負い、左前足を切断することになった盲導犬サーブの物語です。人と犬との深い絆に心を揺り動かされるとともに、盲導犬や目の見えない方々にとっての社会的問題点などを考えさせられることでしょう。本書は、ロングセラー『がんばれ!盲導犬サーブ』(1983年)と『天国へいったサーブ』(1988年・いずれも講談社刊)を再構成したものです。

  • ◆ ISBN:978-4-06-216288-3
  • ◆ 判型/ページ数:四六/176ページ
  • ◆ シリーズ:世の中への扉
  • 愛おしい
  • 感動する
  • 悲しい
  • 考えさせられる
  • 読み聞かせ
  •  
  • 購入する

名医ジャスティン奇跡を起こすセラピードッグ生長豊健

奇跡の回復をお手伝いをする犬「ジャスティン」と人々のふれあいや、ジャスティンの奮闘ぶりを綴る感動のノンフィクションです。動かなかった左腕が動いた! 言葉を失ったお年寄りがしゃべった!など、セラピードッグ・ジャスティンと関わることで顕著な効果を上げた症例が紹介されており、病気や障害からの回復を目指す「動物介護療法」についてより深く知ることができるでしょう。

  • ◆ ISBN:978-4-06-282439-2
  • ◆ 判型/ページ数:四六/272ページ
  • ◆ シリーズ:介護ライブラリー
  • かわいい
  • 愛おしい
  • 感動する
  • 考えさせられる
  • 楽しい
  •  
  • 購入する

セラピードッグの子守歌認知症患者と犬たちの3500日真並恭介

現在、日本では高齢者の四人にひとりが認知症になる可能性がある軽度認知症と推測されていますが、有効な治療法も薬もいまだ開発されていません。そんななか、ドッグセラピーを導入した岡山県の介護施設では、認知症患者の症状を緩和したり、回復の兆しが見えてくるなどの効果があったといい、本書では長期密着取材でその奇跡のようなエピソードを紹介しています。

  • ◆ ISBN:978-4-06-282455-2
  • ◆ 判型/ページ数:四六/256ページ
  • ◆ シリーズ:介護ライブラリー
  • かわいい
  • 感動する
  • 考えさせられる
  • 楽しい
  •  
  • 購入する

犬と人の物語

電子書籍

柴犬マイちゃんへの手紙無謀運転でふたりの男の子を失った家族と愛犬の物語柳原三佳

「歩道に突っこんだ無謀運転の車によって、自分を散歩してくれていた9歳と6歳の男の子を目の前で奪われた柴犬のマイちゃん。そして、一緒に大けがを負った彼女の飼い主は、ふたりの孫をなくし、生きる気力を失いかけました。これは実際に起きた事故を描いた書籍です。マイちゃんは遺族たちに、生き直す力を与えました。ここで起きた出来事は、「事実」と言うより「奇跡」とも思えるのです。

  • ◆ ISBN:978-4-06-218637-7
  • ◆ 判型/ページ数:四六/192ページ
  • ◆ シリーズ:世の中への扉
  • 愛おしい
  • 感動する
  • 悲しい
  • 考えさせられる
  • 試し読み
  • 購入する

盲導犬サフィー、命の代償秋山みつ子

目の不自由な方に寄り添い導いてくれる盲導犬が、事故や事件の際、法律上「モノ」として扱われることをご存知でしょうか? このノンフィクションの主人公、盲導犬サフィも、ユーザーの熊澤尚さんを守って交通事故で命を落としてしまいます。「事故や運転手を必要以上に責めるつもりはない。ただ、盲導犬という存在の意味を多くの人に知ってほしい」。そんな思いから熊澤さんと盲導犬協会はある覚悟を決めます。

  • ◆ ISBN:978-4-06-215797-1
  • ◆ 判型/ページ数:四六/168ページ
  • 感動する
  • 悲しい
  • 考えさせられる
  • 試し読み
  • 購入する

介助犬を育てる少女たち-荒れた心の扉を開くドッグ・プログラム-大塚敦子

アメリカ・カリフォルニア州の青少年厚生施設では、麻薬や窃盗、暴行などの非行をおかした10代の少女たちが社会で生活していけるようさまざまなプログラムが実施されています。そのひとつが介助犬を訓練すること。本書は、かつて非行をおかした少女たちが介助犬の訓練に携わることで更正していく姿を丁寧に描いています。「動物と人間の絆」を実感できる一冊です。

  • ◆ ISBN:978-4-06-217697-2
  • ◆ 判型/ページ数:四六/208ページ
  • 感動する
  • 考えさせられる
  •  
  • 購入する

犬の健康

電子書籍

愛犬のための 食べもの栄養事典須崎恭彦

かつて我が家の愛犬は病弱で毎月10万円ほどの医療費がかかっていました。ドッグフードだけを食べさせて、獣医師のいうとおりにしているのに、病気は何年も治らず悪化の一途をたどりました。ある日ダメもとで食べさせた“手作りおじや”をきっかけに、尿が正常に出始め、長年患ってた尿結石症はあっという間に治りました。病気に悩んでいる飼い主さん、まずはやってみてください。

  • ◆ ISBN:978-4-06-216970-7
  • ◆ 判型/ページ数:A5/176ページ
  • お役立ち
  • 試し読み
  • 購入する

今あるがんに勝つ! 手づくり犬ごはん須崎恭彦

ある日脚のふくらみが気になり、病院でしらべてもらったら悪性リンパ腫で余命1カ月宣告を受けました。手術のみうけ、抗がん剤治療は体力がなかったため行いませんでした。飼い主ができることは、食事でサポートするぐらい。人間の食事療法の本を調べ、獣医さんと相談しながらつくったのがこの本です。余命1カ月だったはずの愛犬は6年たったいまも元気に生きています。あきらめる前に、やってみてください。

  • ◆ ISBN:978-4-06-218858-6
  • ◆ 判型/ページ数:B20取/100ページ
  • お役立ち
  • 試し読み
  • 購入する
電子書籍

イラストでみる犬の病気小野憲一郎/今井壯一/多川政弘/安川明男/後藤直彰

犬の習性や行動パタ-ンなどを理解して、病気の状態と経過を読みとることができるカラーアトラスです。愛犬が病気になったときに獣医からの説明を理解できるよう、オールカラーのイラストと写真320点で図解しており、たいへん分かりやすい構成になっています。獣医師、動物看護士(AHT)の方にはもちろん、獣医師から説明をうける一般の飼い主さんにも必携の画期的な書です。

  • ◆ ISBN:978-4-06-153710-1
  • ◆ 判型/ページ数:A4/154ページ
  • お役立ち
  • 試し読み
  • 購入する

犬の育て方

犬の保育園飼い始めからしつけ直しまで西川文二

犬と飼い主さんを指導するしつけ教室のカリスマ教師が書いた本。モデルとして参加してくれた18匹の子犬の写真に癒されながら、楽しく勉強できます。トイレ・クレート・社会化トレーニングから、日常のケア、そして、むだ吠え、甘噛み、飛びつきなどの問題行動予防まで、モデル犬を使って分かりやすく解説。正しいしつけが肝心なのは人間と同じですね!

  • ◆ ISBN:978-4-06-214352-3
  • ◆ 判型/ページ数:A5/128ページ
  • お役立ち
  • 考えさせられる
  • 試し読み
  • 購入する

犬の性格診断タイプ別、育て方のコツがしっかりわかる本山ノ上ゆき子/上田惣子

犬は高い学習能力を持ち、人間と共同生活を送れるすぐれた動物ですが、実はその性格は「十人十色」。人間と同じように、犬によって考え方もふるまいもまったく異なります。この本では、日本の家庭でよく見られる特徴的なタイプに犬を分類し、その性格や性格に応じた育て方を解説しています。なるほどと頷かされ、目からウロコが落ちる一冊です。

  • ◆ ISBN:978-4-06-214736-1
  • ◆ 判型/ページ数:A5変型/152ページ
  • お役立ち
  • 考えさせられる
  •  
  • 購入する

犬と人のライフスタイル

1日でできちゃう♪ プードル服楠ひとみ

プードルは首まわりが細くて、市販の服を着るとぶかぶかになってしまう。プードル専用の洋服があればいいのに。そんな思企画したのがこの本です。洋裁が嫌いな私でも大丈夫なよう、著者には考えていただきました。数時間でオシャレなおでかけ着ができるので、ぜひチャレンジしてみてください。

  • ◆ ISBN:978-4-06-214931-0
  • ◆ 判型/ページ数:ワイド変型/80ページ
  • お役立ち
  • かわいい
  • 楽しい
  •  
  • 購入する

犬カフェ 首都圏版~ペットとわたしと美味しいごはん~池辺円香

「ペットは家族の一員。一緒にステキなカフェやおいしいレストランに行きたい!」 『犬カフェ』はどうぶつが大好きで、おいしいごはんが大好きな人のための本です。世田谷、渋谷、恵比寿、六本木ほか首都圏エリアのペット同伴OKのカフェ&レストラン情報を約100店舗掲載! 50音順、大型犬OK、犬メニュー、深夜営業等で検索できるインデックスつき。愛犬とイタリアンやフレンチをどうぞ♪

  • ◆ ISBN:978-4-06-389769-2
  • ◆ 判型/ページ数:A5/128ページ
  • お役立ち
  • かわいい
  • 楽しい
  •  
  • 購入する

犬好きの人に聞きました! あなたのおうちのわんこ アンケート回答結果

2014年10月1日~17日まで、BOOK倶楽部のWebサイトおよびメールマガジンなどから犬を飼っている人に対してアンケートを実施いたしました。アンケートにご協力いただいた皆様、ありがとうございました!
犬に対する熱い愛情が回答内容から伝わってきて、事務局の犬好き担当たちも大喜び。
かわいい写真をお送りいただいた方もいらっしゃっるのですが、すべてを誌面でお伝えできないのが残念です。

Q1. 犬を何匹/頭飼っていますか?(飼っていましたか?)

一匹/頭 : 62.3%、二匹/頭 : 27.9%、三匹/頭 : 4.9%、それ以上 : 4.9%
1匹/頭飼いの方が6割を越えていますが、いっぽうで2匹/頭以上飼っている方が4割近くという結果でした。特にチワワやビーグル、ミニチュア・ダックスフンドでは複数飼っているケースが多いようです。

Q2. オスとメス、どちらを飼っていますか? (飼っていましたか?)

オス : 52.5%、メス : 47.5%
男の子を飼っていらっしゃる方のほうが多い結果となりました。特に、柴犬や柴犬MIXでは男の子がたいへん多く、逆にチワワなどの小型犬では女の子のほうが多い傾向が見受けられました。

Q3. どんな犬種を飼っていますか?(飼っていましたか?)

順位 犬種名
1 柴犬
2 MIX
3 ミニチュア・ダックスフンド
4 トイプードル
5 パピヨン
ビーグル
7 チワワ
ロングコートチワワ
9 ポメラニアン
10 ウェルシュ・コーギー
順位 犬種名
11 シーズー
12 ノーフォーク・テリア
シェットランド・シープドッグ
14 ゴールデン・レトリバー
15 マルチーズ
パグ
17 ボストン・テリア
18 キャバリア・キングチャールズ・スパニエル
19 ヨークシャー・テリア
トイ・マンチェスターテリア

上位20位まで集計した結果でダントツに多かったのは柴犬! 日本古来の犬種であることからもっとも身近で人気の犬種といえるかもしれません。ついでMIXもたいへん多く、なかでも柴犬系MIXを飼っていらっしゃる方が多く見受けられました。また、ランキング20位までを見ると一目瞭然、小型犬は大人気ですね。シェットランド・シープドッグやゴールデン・レトリバーなどの中・大型犬種も人気のようで、大型犬のなかには日本ではまだ珍しい犬種を飼っていらっしゃる方も散見されました。

Q4. あなたのわんこの名前と由来を教えてください。

行動や姿形から

  • 「ちょび」(シーズー)動き方がちょびちょびしてたから。(ちょびさん/30代 女性)
  • 「もも」(マルチーズ)生後2週間で我が家にやってきたこの子はモコモコ、ふわふわしていたので「モコ」と「もも」の2案で悩みましたが、とっても女の子らしいのでももに決めました。(がのさん/30代 女性)
  • 「さくら」「くるみ」(ロングコートチワワ)さくらは耳の先が桜の花びらみたいだったから。くるみは音の響きがかわいかったので決めました。(にゃおさん/50代 女性)
  • 「ラン」(ポメラニアン)「プル」(トイプードル)いずれも犬種の一部から採ったもの。加えて、楽しげにランランと走る様子、寒さにプルプル震えていたことから命名。(犬好き!さん/50代 男性)

食べものに由来した名前

  • 「カヌレ」(ロングコートチワワ)家族全員が大好きなお菓子=カヌレ。ほかに考えられないくらい当たり前に「カヌレ」だった。(フランさん/50代 女性)
  • 「シャケ」(MIX)末尾に「ケ」のつく名前がかわいいと思い、「ポッケ」「ユッケ」「ビッケ」など考えましたが、犬なのに犬じゃない名前がおもしろいと思ってシャケになりました。実は外で犬を呼ぶときに恥ずかしかったこともあるけれども、いまでもかわいい名前だと思っています。(お疲れ様です壱号さん/40代 女性)
  • 「パスタ」(シーズー)初めて自分が飼うことになったわんこ。女の子かわいらしいイメージから食べ物の名前が次々と頭に浮かんできました。いろいろ考えた末に、人ん家のわんことなるべく被らず、私の中でとてもしっくりと響きの良かった「パスタ」にしました。が、周りの人からはよく「え?」とか「男の子ですか?」とか言われます(苦笑)。(すずかぼちゃさん/40代 女性)

日本なので和名!

  • 「萌黄」「楓」(甲斐犬)日本犬なので漢字の名前がいいと思った。一頭目は和色名から。二頭目は樹木名から。(小鳥遊さん/40代 女性)
  • 「六助」(コーギー)「和泉」(パピヨン)コーギーは5人家族にやって来た6番目の家族だったので「六」、男の子だから「助」で「六助」にしました。パピヨンは日本名の六助に合わせて考えましたが、私の名前に愛が入っているのでひとりと1匹で合わせてLOVE&PEACE!(笑)にしたく、平和の和をとって和泉にしました。(あずみさん/20代 女性 和泉さん/パピヨン)

著名人にあやかって!?

  • 「ぶんた」(ボストン・テリア)菅原文太さんにあやかって。(berobuntaさん/30代 女性)
  • 「ルーク」(パピヨン)『スター・ウォーズ』が好きなので『エピソード4/新たなる希望』の主人公ルーク・スカイウォーカーからもらいました。強くなってもらいたいと思って付けたのに病院通いの多い子です。この名前じゃなかったらもっとおおごとになっていたのかもしれませんが。
(ルークママさん/40代 女性)

願いを込めて

  • 「ピース」(トイプードルとパピヨンのMIX)平和に過ごせるようにと名付けました。(ハイドさん/30代 男性)
  • 「シャネル」(ミニチュア・ダックスフンド)ココ・シャネル(ファッションデザイナー)のように、強くたくましい子に育ってほしいから。(小セレブ幸子さん/30代 女性)

Q5. 犬を飼ってよかったなと思ったエピソードを教えてください。

  • 学びがたくさんありました。自分勝手な姉妹が当番表を作って散歩、えさやりなど担当するようになり、犬をひとつの命として大切にすることを覚えました。(しまだなつこさん/40代 女性 ジローさん/MIX)
  • 子どもたちが育つ過程で、受験や就職活動などの重大な時期を乗り越える時々に、メンタル面の支えとなってくれたと思う。親には言えない心の叫びや悩みを、犬たちの存在そのものが受けとめて癒やしてくれたと感じている。(六甲枝垂れさん/50代 女性 華さん/ウェルシュ・コーギー 小太郎さん/チワワ)
  • 小学生の頃は鍵っ子だったが、家に帰って犬と遊んだり散歩に行ったりしていたので、親が帰るまでの間に寂しさを感じることがなかった。子どもの頃の心のケアに、犬は重要な役目を果たしてくれた。(ポニーさん/40代 男性 ユミさん・ポニーさん/スピッツ)
  • 家族内で喧嘩が起きたとき、仲直りのきっかけになってくれる。老婆のような巧みさと赤ちゃんのような無垢さの前では家族の誰も抵抗できず、自然と笑みがこぼれていつのまにか団らんの時間になっている。(まるこさん/30代 女性 まるこさん/柴犬)
  • 夜中に吠えて不審者の侵入を未遂で済ませてくれたこと。疲れたときや落ち込むことがあっても笑っているような表情で寄ってきてくれると癒やされます。(モモさん/30代 女性 Chloeさん/シュナウザー)
  • いてくれるだけで幸せな気分です。家に帰ると全身で喜んでくれ、疲れが癒やされます。犬を連れていると、ご近所の方や通りすがりの見知らぬ人とも気軽に会話する機会が増え、楽しいです。(はなさん/30代 女性 きなこさん/ノーフォーク・テリア)
  • 犬の散歩仲間ができたこと。普段は交流がないような年代の人とも仲良くなれました。震災のときは散歩仲間とお互い助けたり助けられたりで、いざというときいちばん頼りになるのは「遠い親戚より犬の散歩仲間」だと確信しました。(めそさん/20代 女性 フィリーさん・ブルーノさん/ビーグル)
  • 早起きするようになり、家族の会話が増えた。(らんぱぱさん/50代 男性 蘭丸さん/トイプードル)
  • 朝の散歩で私まで健康になれる。落ち込んでいても育てなくてはいけない家族がいるので元気が出る。一人暮らしなので家族がいるのは楽しい。食事もきちんと作るようになるので食生活も健康的になる。早寝早起きになる。(ローズママさん/40代 女性 ローズさん・リーフさん・ピノさん・ブランさん/ミニチュア・ダックスフンド)
  • 父親が単身赴任になり、一人息子の自分が家を出たときに、専業主婦の母親にとっての心の拠り所になっていたとき。(KLBさん/20代 男性 リッキーさん/ミニチュア・ピンシャー)

Q6. あなたの家のわんこのかわいいところを存分に自慢してください。

  • カメラ目線になってくれるので写真を撮られるのが上手です。自分を人間だと思っているみたいで、ほかの犬には興味ないのにかわいい人間の女の子にはシッポをふりふりします。(ぷるさん/30代 女性 プークさん/パグ)
  • 娘のピアノに合わせ、きちんと音程をつけて歌う姿がかわいい。(グリーンメンさん/40代 女性 くうたさん/チワワ)
  • 勝手にベロベロ舐めまわしたあと、「舐めてあげたので、ここらでひとつなでなでタイムお願いします」とおねだりするところ。そしてちょっとおバカさんなところ。
(モモゆきさん/30代 女性 モモたろうさん/パピヨン)
  • 1頭目は、膝枕ならぬ犬枕をしてくれました。ときどき嫌がっていましたが。2頭目は、訓練したわけでもないのに臭気選別ができたので、玄関の履物で「持ってこい」の練習をしたことも。物の名前をきちんと理解していたのもこの子だったっけ。3頭目は、お手とおかわりを教えていたのですが、いつの間にか右手左手、両手という言葉に置き換わり、それでもしっかり覚えてましたよ。(あみさん/50代 女性 あみさん〈1代目・2代目〉/シェットランド・シープドッグ あんなさん/ゴールデン・レトリバー)
  • お手(ちょうだいな)がとっても早い。家の中を歩くとついてくる。私がTVを見て涙を流していると、涙をなめてくれる。きょとんとした顔。いたずらなところ。(ハロウィンさん/50代 女性 小太郎さん/シェットランド・シープドッグ)
  • 存在自体が愛おしい。私に着いて歩く姿や、1頭を抱こうとするとヤキモチし合ってケンカになる姿も可愛いです。(エリカさん/40代 女性 ノエルさん・ラテさん・リアンさん・ベルさん・ティアラさん/トイプードル)
    • 言葉に言い表せません。(VEGAさん/50代 男性 VEGAさん・POLARISさん/パピヨン)
    • 足が短いから階段を登れない……。(無さん/30代 男性 ミーニーさん/ミニチュア・ダックスフンド)
  • トマトを上手に食べられるところ。朝起きると、足にすがりつくように立ち上がって、シッポをぴろぴろ振って喜ぶところ。(まめパパさん/50代 男性 豆千代さん/ポメラニアン)
  • お風呂に入っていると、バスマットに寝転んで2匹で待っている。私の脱ぎ散らかした服を集めて、寝床を作って寝ている。イタズラをしたら、冷蔵庫の裏やテレビの裏に隠れてしまう。都合が悪いと名前を呼んでも聞こえないふりをするが、耳は反応してしまう。
(お茶ノ水博士さん/40代 女性 アトムさん ウランさん/ともにトイ・マンチェスターテリア)

Q7. 「犬好きあるある」。どんな「あるある」がありますか?

  • 枝豆をゆでると「ああ、犬の足の匂い……」と思う。(ぽんきちさん/40代 女性 りんさん すずさん/ともに柴犬)
  • 臭いと言いつつ、むっちゃ犬の匂いを嗅いでしまう。(どっこいしょさん/50代 女性 さくらさん/チェサピーク・ベイ・レトリーバー)
  • 飼うつもりではなかったのに一目惚れで飼いはじめた。運命だった。(あいはるさん/40代 男性 ここあさん/ポメラニアン)
  • お散歩途中ですれ違うわんこ家族に「わぁ~~~ヤッパリ可愛いですね~~~(うちの子が)」と毎回思う。(甘党大王さん/40代 女性 じんべえさん/トイプードル)
  • 寝るときに、枕を取られま……せんか?(ちかのしんさん/40代 女性 大吉さん マメ太さん/ともにチワワ)
  • 犬に話しかけるとき、赤ちゃん言葉になる。
(さすけさん/60代 男性 さすけさん/柴犬)
  • 外でほかのわんこを見て、心の中で勝手に名前を付けてしまいます。「を、もふもふクンだね!」とか。(ようこさん/40代 女性 るるさん/スムースチワワ くーさん/ロングコートチワワ)
  • 他人の連れている柴犬の名前が和名かどうか確認する。(いちさん/30代 男性 ぼたんさん/柴犬)
  • 抜け毛を集めてボールを作る。(はちさん/60代 女性 ハチさん/柴犬)
  • 近所の犬の名前をすべて把握している。(くまLOVEさん/40代 女性 くまさん/エスキモー犬と秋田犬のMIX)
  • 寝姿を見るのが好き。(犬のチーズさん/50代 女性 ラッキーさん/シーズー メグさん/パグ)
  • わざと嫌がる言葉を言う。(こぶしさん/50代 女性 ポピーさん・チェリーさん/ミニチュア・ダックスフンド)

犬が愛しくなる本 2015年版

ページトップへ