「夫のちんぽが入らない」既刊・関連作品一覧

  • 映像化
  • 特集・レビュー
夫のちんぽが入らない

★★★大きな感動を呼ぶ衝撃の実話が、累計22万部のベストセラ―に★★★
生きづらさに悩む、すべての人に届け――。

同じアパートに暮らす先輩と交際を始めた“私”。だが初めて交わろうとした夜、衝撃が走る。彼の性器が全く入らないのだ。その後も「入らない」一方で、二人は精神的な結びつきを強め、夫婦に。いつか入るという切なる願いの行方は。「普通」という呪いに苦しんだ女性の、いじらしいほど正直な愛と性の物語。

★各界より絶賛の声★
●上野千鶴子氏(社会学者)
 不器用で正直すぎる女性の、半生をかけた「生きづらさ」レポート。それにしても、愛と性が別なものだとわかってしまった時代のカップルは難義なものだ。

●おかざき真里(漫画家)
 できない、それだけなのに傷つけられる。ちんぽだけじゃない、人生できないことの方が多いのに。

●小池栄子(女優)
 普通の夫婦なんていない。他人から見ればきっと皆どこかおかしい。だからこそオリジナルの夫婦の形、愛の形を作り楽しむべきだ。この夫婦には素晴らしい絆があり、私は大ファンになりました!

●麒麟・川島明(芸人)
 まっすぐ歩けないから回り道。でも回り道が一番の近道だったと気づく時がくる。それがくるまで歩き続ける。その歩幅を広げてくれる一冊。
 
●岸本佐知子(翻訳家)
 痛くて、苦しくて、かっこ悪くて。でもどうしてだろう、すごく美しいのだ。この人生も、この夫婦の形も。

●今日マチ子(漫画家)
 終わることのない痛みに震えながら、それでも一気に読んでしまった。少しずつ明るくなっていく空のもと、ふたりが見つけた「つながり」が現れる。

●cero・髙城晶平(ミュージシャン)
 実は本編で一番好きなのは、「大仁田こそ流血すべき」のくだり。次はこの部分を歌にしたい。

●燃え殻(作家)
 作者が返り血を浴びているような小説しか読みたくない。だから最近はこだまさんの作品ばかり読んでいる。

●三浦大輔(劇作家、映画監督)
 読後、潔いタイトルが心に染みわたる。誠実で切実で普遍的な、後世に残る夫婦の物語の名作! 僕はそう思います。